所属文化の育成へのGlovoの旅

(Anna Bertoldini)(2020年10月25日)

Tomek Stoma、 GlovoのTechforTechのピープルパートナー

「社会的影響は初日からGlovoの議題にありました。私たちは持続可能な未来のために最善を尽くします。私たちはあらゆる形態の多様性を尊重します。」

これらは、Glovoでのケアのコアバリューを構築したステートメントでした。私たちの最重要課題は、常に価値観に基づいた文化を育むことです。 HOWはWHATと同じくらい重要であり、Glovoの従業員は世界の市民として考え、グローバルに行動するよう奨励されるべきであると信じています。

多様性は私たちの現実

そして私たちは、世界がよりつながり、同時により複雑になるにつれて、これを尊重します。

Glovoでは、毎日あらゆる分野、背景、国籍、コミュニティ、環境の人々。私たちは、違いを評価するだけでなく、その違いをさらに発展させたいと考えています。

私たちは、本物の自分に忠実であり続け、誰もが安全で恐れることのない職場にこれらの資質をもたらすことで、判断力があれば、Glovoの成功にさらに貢献することができます。

また、チームの外やコミュニティで、インクルージョンを促進し、尊敬の文化を促進する独自の能力があると信じています。このプロセスにおける私たちの役割を認識し、LGBTQ +コミュニティのサポートに向けた活動に積極的に取り組むことにしました。私たちは常にその分野の知識と優れた実践をゼロから構築しています。

では、どうすれば態度を変え、人々が帰属意識を感じる適切な労働条件を作り出すことができるでしょうか?

まず、次の質問に答える必要があります。なぜ気にするのですか?

私たちにとって、答えはと同じくらい簡単です。 これは正しいことだからです。

オープンで友好的な関係がなければ、チームが完全に機能することは想像できません。完全に仕事ができない場合、どうすれば信頼に基づいて関係を築くことができますか?笑われたり差別されたりすることを恐れて、自分の一部を隠すようにプレッシャーを感じる必要があるのはなぜですか?

そのような状況を想像してみてください。従業員のグループが昼休みに休暇について話し合っています。ケイトは夫と娘と海辺の休日について話し、ジョンはガールフレンドとのトレッキングセッションについての彼の話を共有し、ジャックは静かです。彼が休暇を男性のパートナーと過ごしたことを認めるのは難しい。彼は同僚がどのように反応するかわからないので、不快に感じます。彼はまた、クリスマス、家族、または先週末にしたことなど、他の主題について話すときに不安を感じます。

私たちのほとんどは、週に約40時間仕事に費やしています。これは、私たちの半分近くです。毎週の起床時間。目覚めている時間の半分の間に、私たちが誰であるか、誰を愛しているかに関連する情報、感情、経験を差し控える必要がある場合を想像してみてください。私たちにとって重要なことを共有したいと思っていても、情報を操作して言い訳を使い、質問に答えないようにし、静かにしておく必要があると想像してみましょう。

来るのを恐れている同性愛者の心理的影響アウトは彼らを他者との社会的関係から引き離し、緊張、ストレス、孤立を経験させるかもしれません。

私たちは、精神的幸福に悪影響を与えることなく、私たちが誰であるかをプロの自己とプライベートの自己に分けることはできません。 。さらに、「あなた自身の最高のバージョン」は、その全体の、本物のバージョンです。真に本物の人とは、幸せな人であり、市民、従業員、友人としてより献身的で効果的な人です。

今こそ、行動を起こし、LGBTQフレンドリーな職場環境を作るときです。 Glovoでは、将来のモデル組織になりたいという理由で、今日行動を起こします。私たちは、すべての人間が安全で幸せな未来の世界を信じています。そして、誰もがオープンで強い関係を享受できる職場の未来を信じています。これは、ビジネスの成功に直接つながります。

Glovoで行っていることは、次の2つのトピックに焦点を当てています。ボーカルであること

サポートの表示と接続の構築

。 LGBTQ +の従業員とその仲間が経験を共有し、オープンになり、お互いをサポートし、他のグループやリーダーシップとのつながりを築くためのプラットフォーム(ERGグループ、コミュニケーションチャネル、トークなど)を作成しました。私たちは、シニアリーダーと外部の専門家を招き、立ち上がって大義を支持します。共同プロジェクトは、視野を広げ、お互いを理解し、多様性を完全に歓迎する機会を生み出すと信じているため、これらのつながりを築くことは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です