WTFは「デジタル製品」ですか?

デジタル製品とデジタル製品の機能を説明します。両親は理解するでしょう。

(2016年7月5日)

この小さな小物は、マーベルブログで最初に公開されたデジタル業界の状態に関する幅広い記事からの抜粋です。現在ここで入手可能 / em>)。以下は、デジタル製品とデジタル製品の仕事に何らかの定義をもたらそうとしている少し編集された抜粋です。なぜ聞くの?最近、ほとんどの人がデジタル製品について話しているので…なぜなら…

「デジタル製品」とは何ですか?私が何をしているのかを母に説明しようとするスタイルで、できるだけ人間が話すように…

Aデジタル製品は、人間に何らかの形のユーティリティを提供するソフトウェア対応の製品またはサービスです。

実例:UberやLyftなどのお気に入りのカーサービスアプリ、ChaseやBarclaysを使用したモバイルバンキングアプリ、買い物可能なH & MまたはNikeアプリ、Tesla車のデジタルダッシュボード(ラッキーあなた)、電話やスマートウォッチなどの家電機器のインターフェース、Sonosスピーカー用のコントローラーアプリ、または投資銀行ブローカーの取引プラットフォーム。一部の製品やサービスは、FacebookメッセージングやTinderの「デート」アプリなどのソフトウェアで大部分または完全に構成されています。これは

世界を食い尽くしているソフトウェアです。ほとんどすべての企業がデジタル化され、ソフトウェアで実行されるようになっています。

デジタルタッチポイント上記の製品またはサービスとのヒューマンインターフェイスは、さまざまなタイプのプラットフォームおよびデバイスに配置できます。それらには、ウェブ、モバイル、自動車、ウェアラブル、VRなどが含まれます。物事は、視覚的インターフェースを超えて、より自然な形の会話的インターフェースに向かってゆっくりと進んでいます。そのような例は、Amazon Echoと話したり、メッセージングアプリの書面による会話でサービスにアクセスしたりすることです。製品を操作しているときは、マーケティングWebサイトのように、単に情報を表示するだけではありません。複雑な相互作用は、サービス全体を実行するより広いシステム(バックエンド)に接続(統合)されている、使用する部分(フロントエンド)間で発生します。これは、ソフトウェアがすべての中核であることを意味します。

「デジタル製品」または「製品」の作業は、デジタルタッチポイントの提供です。製品またはサービスの提供。

配信には、デジタルのエンドツーエンドのコンセプト、設計、エンジニアリングが含まれる場合があります。製品、それを市場投入以降に持ち込みます。配信には、設計とエンジニアリングだけでなく、ビジネス戦略、製品管理、データサイエンス、マーケティングの複数の分野を利用できます。

複数の関係者が関与し、コストもそれほど高くありません。したがって、目的は、製品を効率的に市場に投入するために、プロセスを可能な限り全体的にすることです。そのため、製品を配送する方法は、製品自体と同じくらい重要になります。製品開発の確立されたベストプラクティスには、統合チーム、アジャイル(ウォーターフォールではない)、スクラム、リーン、および継続的デリバリーの方法論が含まれます。これらすべてが、デジタル製品の配信に高額な投資をもたらします。エンゲージメントは何四半期にもわたって実行される可能性があり、高いプレミアムとマージンを要求します。この種の作業の予算は通常、マーケティング部門以外の場所から調達されます。マーケティング部門は通常、短期間のキャンペーンベースの投資を行います。

要点はこれです…すべてのクライアントのビジネスはソフトウェアになりつつあります駆動。そのため、クライアントの需要は、デジタル製品やサービスの背後にある戦略やマーケティングだけでなく、実際の市場への配信にシフトしています。さらに、デザインは、成功する製品やサービスを作成する上で重要な要素として認識されるようになりました。これらすべてが、これらのスキルとそれを提供できる比較的少数の企業を重視しています。したがって、真っ赤なM &これらの機能を提供できるスタジオ向けの市場と、提供できない人々による多くの姿勢。

Forこのトピックに興味を持っている人は、PaulDevayによるデジタルプロダクトデザインとはをご覧ください。

これがどこから来たのかを読みたい場合は、「(State of the Digital Nation2016)」をチェックしてください。古き良き昔ながらの「ロングリード」なので、コーヒーのフラスコと煙のパケットをいくつか手に入れてください。平和。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です