私はアカデミックな反逆者かもしれません

(サラシンプキンス)(2020年12月28日)

アカデミックな反逆者の隠れ家。

5月にこの出版物を始めたとき2020年、私はしたかった(大学院と学界についてもっと学ぶ)。また、学んだことを共有する場所が欲しかったのです。理由はまだわかりませんが、(学界の仕組みに関する基本的な情報)をオンラインで見つけるのが難しいことで有名です。

次の第1世代の学生が疑問に思うのに役立つリソースを作成できれば大学院が彼らに適しているかどうか(自分でその質問に答える)、それはウィンウィンのように感じました。

何かを理解していませんか?それについて書いてください。

情報のギャップを埋める方法についての考え

medium.com

この出版物は質問のリストから始めましたが、(どこから始めればよいかわかりませんでした)それらに答える。 それで質問を投稿に変え始めました

最初は面倒でした。書き始めた後、私がすでに書いた他の質問よりも論理的に先に来るべきいくつかの質問があることに気づきました。より高いレベルの戦略の質問((あなたの人生をどうするかをどのように決めるか)?)と実際のロジスティクスの質問((経済学の大学院に適用するために必要なもの)?)のバランスをとることは、両方の分野で継続的な課題です。この出版物の文脈と私自身の生活の中で。

夏を通してより高いレベルの戦略の質問に取り組んだ後、私は少し気まぐれで、オンラインで受講していたコースからエスカレートすることにしました。偶然に((同時にデータサイエンスの哲学と統計)、誰か?)、経済学の大学院の数学の前提条件のリストに。

トップ経済学博士号プログラムには何が必要ですか?

前提条件の山の紹介

medium.com

振り返ってみると、当時、正式な数学のコースを受講することがなぜ良い考えであったかを知っています。 経済学の大学院プログラムに応募するために完了する必要のある膨大な数のコースを調査した後、私は圧倒されました。それフルタイムの仕事でこれらの前提条件を完了するには何年もかかります。ベンジャミンバトンではないほとんどの人間のように、私は若くなりません。そこで、大学で非同期のオンライン微積分2コースを見つけ、学位を取得していない学生として登録し、教科書を借りて、7年ぶりに積分学に戻りました。

2020年8月。

社会的に孤立し、フルタイムの仕事でこれまで以上に多くの時間を費やしている間。

パンデミックの間。

それは残酷でした。

2020年8月から12月まで、事実上、私が行ったのは仕事と微積分だけでした。

毎週何時間もの課題があり、コースを受講するポイントは(大学院の前提条件をリストから外し始める)ことでした。 、合格できませんでした。Aを作成する必要がありました。ここや個人のブログに5か月間、何も書いていませんでした。また、あまり眠れませんでした。

フルタイムで働いているときに、30単位で5単位時間の微積分2コースに戻ったときに、何を期待していたかわかりませんが、それがそうであったのと同じくらい悪いことを期待します。私は数学を気にしませんが、このコースを受講した理由(そして、この道を続ければ、必要な次の4つの数学コースを受講する理由)は経済学です。 毎週三角関数の積分に多くの時間を費やしているため、経済学について読んだり、聞いたり、書いたりする時間がまったくなくなったのは、根本的に直感に反しているようです。 私は経済学の大学院プログラムに入るためにフープを飛び越えていました…しかし、フープは経済学の分野にもありませんでした。

学期全体、私は繰り返して同じ考えを持っていました:もっと良い方法が必要です。

あります大学院経済学プログラムに参加するためのより効率的な方法は?

もっと良い方法が必要です。そうですか?

medium.com

私はこの出版物を始めて以来、多くのことを学びました。

私が 学んでいないことの1つは、人々がフルタイムで働き、夜間にフルタイムのオンラインコースを受講する方法です。 2020年にそれをやっていたのなら、あなたはロックスターです。

私が 学んだことの1つは、トピック外のフープを飛び越えて完全に売られているわけではないということです。次の3年間で、トピックのフープをさらに3、4回ジャンプする権利を獲得できます。

簡単に言えば、私は学問的な反逆者かもしれません。

この夏、私はすでに大学院の学位を持っている私の友人とこの出版物について話し合った。申請プロセス、授業料と手数料、その他のロジスティクスなど、大学院に行ったことのない人に役立つ可能性のある、この出版物について彼女が書くことができるいくつかのトピックについて話しました。 (事実上、彼女が大学院に行く前に知っておいてほしいこと。)

最近、彼女はこの出版物の潜在的な候補として学界について書いている投稿に言及しました。投稿のタイトルは「なぜ大学院に行かなければならないのか」。そして、私の最初の考えは…

絶対にありません。

公平を期すために、そのような内臓反応を呼び起こすタイトルはおそらく良いタイトルです。私の友人も優れた作家なので、彼女が投稿を共有するときに読むのを楽しみにしています。しかし、誰もが大学院に行くべきだという考えに根本的に同意しないため、ここでAspiringAcademicで共有するものではないことがすぐにわかりました。

待ってください、この出版物は学界と大学院に関するものではありませんか?

確かにそのように始まりました。しかし、本質的に、この出版物は、(あなたまたは私が大学院に行くべきかどうか)よりもはるかに基本的な質問をするためにここにあります:

より良い方法はありますか?

公正な警告:学術的な文脈でその質問をする大胆さがある場合、あなたも学術的な反逆者である可能性があります。

私の家族で最初に学士号を取得した人として、大学院は私に与えられたことはありませんでした。私は学ぶのが好きですが、目的を達成するための手段として正式な教育について考えるように育ちました。就職するために大学に通いました。

一部の分野では大学院に進学して就職することもありますが(つまり、「終わりを意味する」という考え方はすべての卒業生に当てはまるわけではありません。学位を取得しています。)この時点ではまだ大学院や学界について学ぶことがたくさんありますが、正式な教育を学外の仕事の手段と見なしていない人もいることを学びました。アカデミア自体を最終目標と考える人もいます。彼らはアカデミアにとどまり、学び、他の人が学ぶのを助けることでキャリアを築きたいと考えています。

正直なところ、それは私にとって非常に興味深いことです。

今のところからどうやってそこにたどり着くのかわからない。

今年勉強したすべての分野で学業に就くための最も一般的な道は、私たちがと呼ぶものです。ダイレクトパス。人々は学士号を直接博士号プログラムに(または修士号プログラムに直接、そして博士号プログラムに)取り入れます。彼らは(学術機関またはそれに隣接するプレドク研究の役割)のために学部と大学院の間で1年休むかもしれませんが、彼らはかなり早く直接の道に戻ります。その後、博士号を取得して卒業し、ポスドクとしての役割を果たし、最終的には、とらえどころのない学術的な仕事のオファー、つまりキャリアの学習と他の人の学習の支援を行います。

少なくとも、それが直接的な方法です。学界への道はうまくいくはずです。

残念ながら、一部の分野では直接の道で供給に問題があるようです。簡単に言えば、毎年博士号を取得する人の数は、毎年博士号を取得する人の数よりもはるかに多いのです。これは、博士号取得後の学界からのピボットの機会(または必要性)を生み出します。そのテーマについてもっと書くことができ、書くべきだと確信していますが、今年の post -PhDピボットを考慮して、PhDのコンテンツとリソースを見つけることができました。

コンテンツ pre -PhDピボットを検討している人々のためのリソース—そもそも学界への直接の道にたどり着いたことがない私たちへのアドバイスは、見つけるのがはるかに困難です。 。

そこで、私はこの出版物を作成しました。大学院と学界全般、勉強する必要のある前提条件(歴史的に最も興味を持っていた科目)(経済学)、そして履歴書のギャップを埋める方法を研究しました。それから、これらの「ギャップ」を埋めるためにこの秋に三角関数の積分を行うのに何時間も費やしている間、私は何か重要なことを思い出しました。

私がそうでなかったという理由だけで過去10年間の学術的キャリアへの直接の道のりは、私がそれを岩の下で過ごしたことを意味するわけではありません。正式な学界は、私が持っている経験に価値を割り当てないかもしれませんが、それはがそれに値を割り当てないという意味ではありません。私は(私があまり知らないことを最初に認める)学界と大学院についてですが、大学院で役立つことはたくさん知っています。

何よりもまず、私は知っています自分自身に物事を教える方法。

私は当初、この能力を使用して、大学院に入学するために必要なことを自分自身に教えることを計画していましたが、それは恥ずかしいことに疑問を投げかけました。長い間、忘れずに質問してください。

大学院で 学びたいことを自分で学べますか?

(ほとんどの質問はこれです)出版物は上に構築されました)、私はその質問への答えをまだ知りません…しかし、それは尋ねる価値のある質問だと思います。この出版物が作成されたほとんどの質問と同様に、それはさらに多くの質問につながります:

大学院に入学するための(前提条件の山)を自分自身に教えることができれば、私もできるべきではありません私が実際に勉強したいことを自分自身に教えるために?

自習は大学院入学委員会に翻訳されないかもしれませんが、私の究極の目標は主題を研究する適性を証明していますか?

それとも、その主題を私の最終的な目標として研究していますか?

誰かまたは何かに権利があると思いますか?何を学べるか、何を学べないか教えてください。

正式な学界が学外の仕事の経験にゼロの価値を割り当てるのはなぜですか?

多様な背景がより良いリサーチクエスチョンにつながるのではありませんか(そして回答)?

標準化された方法で仕事の経験を定量化または説明して、学術アプリケーションで価値を割り当てることができる方法はありますか?

誰かが本当にその能力を考えていますか?三角測量置換式を記憶する意欲的なエコノミストにとって、8年の金融経験よりも役立つのでしょうか?

もしそうなら、誰がそう思いますか?

間接的なフープを無視するつもりなら、(自分自身に教えてください直接学びたいこと)、どこから始めればよいですか?

どのようなリソースを使用できますか?

(シラバスをどのように構成すればよいですか?)

一言で言えば:

もっと良い方法はありますか?

そうでない場合は、どうやって作るのですか?

2021年に入ると、どうやらこれまで以上に多くの質問。だから学問的な反逆者かどうか…私はどこにも行かないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です