フリート管理システムがビジネスにもたらすメリット

( Shayur Maharaj)(2020年12月17日)

すべてのビジネス管理に多くの時間、エネルギー、高度に調整されたロジスティクスを必要とする運用資産があります。ビジネスの性質に基づいて、成功と効率を維持するために同期された車両操作を必要とする人など、他の人よりも重要な場合があります。配送、貨物輸送、輸送、および複数の車両を利用するあらゆる種類のビジネスに重点を置いている企業は、フリート管理システムの恩恵を受けることができます。

フリート管理の目的は何ですか?

任意事業内で使用する車両を保管および運用する組織は、通常、何らかの形の専門的な車両管理システムを備えています。その目的は次のとおりです。

  • これらの商用車のライフサイクル全体を延長する
  • 突然のシャットダウンや事故のリスクを減らす
  • 改善する効率と生産性の向上
  • 交通安全法と交通安全法の遵守を確保する

コンピューター化された車両管理システムの目的は、すべての重要な情報を収集、監視、および思い出させることです。車両の円滑な運用のためのフリート関連情報。

フリート管理システムの利点

フリート管理ソフトウェアは、すべての重要なフリート情報を収集して整理します。その後、この情報を使用して、さまざまな方法で競争上の優位性を獲得できます。

コスト削減

車両群の管理に関しては、運用コストと燃料コストが不可欠です。フリート管理システムを使用すると、事前に短いルートを計画し、適切な燃料ログを維持して燃料消費量を削減することで、これらのコストを削減できます。

生産性の向上

車両の動きとドライバーの活動を監視するそれらに連絡せずに。ルートの最適化により、より多くの配達と旅行を計画します。車両メンテナンスの作業指示を簡単にスケジュールし、リマインダーと通知を送信して、タイムリーなタスク完了を確実にします。

利便性

車両の状態、交通情報、ルート変更、事故、および自然災害は効果的かつ効率的に警告します。期日にメンテナンスと修理のリマインダーを受け取ります。すべてが自動化され、あなただけのために。

外出先での作業

クラウドベースのフリート管理システムを使用すると、ITインフラストラクチャの構築と保守にお金を稼ぐだけでなく、また、Webまたはモバイルアプリを使用して、任意のコンピューターまたはモバイルデバイスからすべてのフリート情報にアクセスできます。

ドライバーデータベース

フリート管理システムを使用すると、ドライバーの記録を保持できます。人口統計情報、運転ログ、およびライセンス情報。このすべてのデータは、道路でのドライバーの行動を分析し、ドライバーの弱点をトレーニングし、スピード違反の切符や事故の発生を減らすのに役立ちます。

顧客満足度

フリート管理システム意思決定を改善するためのフリート操作、ドライバーアクティビティ、およびメンテナンスログに関する貴重な洞察とレポートを提供し、顧客の苦情を減らして解決するのに役立ちます。

フリート管理ソフトウェアの利点のリストは、それらに限定されません。上記の通り。直接的にも間接的にも、時間の経過とともにさまざまな形で生産性の向上に確実に貢献します。メリットは、時間、労力、人件費、そして主に収益の節約に最も明確に反映されています。

フリートマネージャーを使用して、車両の運用をリアルタイムで簡単に管理できます。

フリートマネージャーは、組織が車両のメンテナンス、サービス、事故、およびオペレーターの使用に関連するタスクを自動化するのに役立つモバイルアプリおよびWebベースのソリューションです。ユーザーはスマートフォンからリアルタイムの情報にアクセスし、ビデオクリップなどのデータを記録して、車両操作の効率と生産性を向上させることができます。こちらで解決策を確認してください。

元々は

CloudApper に投稿されました。2020年11月3日。作成者ShaonShahnewaz。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です