Spring 21リリースハイライト—Salesforce調査をWeb

(Chris Stegall)

昨日Spring 21リリースが管理者に(フローの一部としてSalesforceサーベイを自動化する)権限を与える方法を調べましたが、このリリースがフィードバック収集ツールのファンにもたらしている改善はそれだけではありません。本日のリリースハイライトの記事では、調査に固執し、さらに別の方法で調査を使いやすくしています。ウェブに埋め込む

それに直面するので、必ずしもメールで視聴者を引き付ける必要はありません。サイトにSalesforceサーベイを埋め込んでホストできると、ユースケースが大幅に広がり、すでにいる人々にクエリを実行できます。出席して参加する(受信トレイで再び注目を集めることを期待するのではなく)。

ウェブページにアンケートを埋め込むには、アンケートの招待URLを含むiframeを追加するだけです。 、したがって、次のようになります。

確かに、SEOの懸念により、iframeの使用はここ数年流行していません。また、サイトのユーザーにサードパーティのアクセスを許可することに伴うセキュリティリスクもありますが、理論的には、検索結果の上部に表示したいページでアンケートを使用することはありません(誰があなたの求めるフィードバックをより選択的にターゲティングしたいかを使用してください)、Salesforceがセキュリティ面で悪意のあるものを挿入しないことを確信できるので、これらの懸念は今のところ軽減されます。心配する唯一のことは、将来ブラウザがソースに関係なくiframeをより敵対的に扱い始めるかどうかですが、それが起こった場合、次のSalesforceリリースに埋め込むための別のオプションが表示されると確信しています。

ただし、今のところ、3月以降、どこの管理者も簡単かつシームレスにさらに多くの人に連絡して、(切望されている顧客-360)に近づくフィードバックを得ることができるようになります。

いつものように、変更が組織にどのように影響するか、またはビジネスが新しい機能を活用して2021年の目標を達成する方法について、よりパーソナライズされたチャットをしたい場合は、私たちに一線!いつでも喜んでお手伝いいたします。

そして次回まで、懸命に、賢く、そして幸せに働き続けてください。クラウドでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です