トランプがアメリカ人を非難しようとしている方法

(オープンソサエティ財団)(2020年9月17日)

2017年以来、トランプ政権は帰化したアメリカ人の市民権を剥奪し、前例のないレベルでパスポートを取り消しました。さらに、調査によるとこれらの行動は、ほとんどの場合、対象となる市民の人種や民族に基づいています。

グリセルダが行った作業として以下に示すサンマーティンは、国境を越えて長生きしている多くの米国市民が、パスポートが取り消されるリスクがますます高まっていることを明らかにしています。さらに悪いことに、米国はすべての市民の平等の約束を失っています。

ベテランのDiego(本名ではない)が立っている間、軍服を見せますテキサス州ブラウンズビルの自宅で。ディエゴはテキサスで生まれ、アメリカとメキシコの国境の両側に家族がいます。アメリカ市民として、行き来することは彼にとって日常的であるべきです。しかし、近年、ディエゴはしばしば米国の国境当局によって脇に追いやられ、追加の精査の対象となり、彼は撤去手続きに入れられると言われました。 「私はたくさんの場所に行ったことがあり、常に軍のIDと注文を持って旅行しました」と彼は言います。 「しかし今、彼らは私に質問しています。」
に座っている女性机
メアリーは、メキシコ国境に近いテキサス州ブラウンズビルに住んでいます。メアリーはメキシコで生まれ、現在は米国市民であり、46年間助産師を務めています。彼女は、以前は月に約30回の配達を処理していましたが、現在はビジネスが遅いと言います。彼女は、国境近くの敵対的な環境は少なくとも部分的な説明であると信じています。
ベッドに座っている女性
マリア(本名ではない)は、テキサス州ブラウンズビルにある叔母と叔父の家で肖像画を求めて座っています。彼女は米国で生まれましたが、当局は彼女のパスポートを拒否しようとしました。 「私は18歳になってから投票しました」と彼女は言い、米国への献身を説明します。 「私はアメリカが大好きです。ここは安全だと感じています。私は米国市民です。」
のセクションの横にあるツリー米国とメキシコを隔てる国境の壁
テキサス州ブラウンズビルにある、米国とメキシコを隔てる国境の壁のセクション。
最初の写真では、ラケルはメキシコのマタモロスにある自宅で、テキサス州ブラウンズビルにある国境の壁のセクションの反対側にある肖像画のポーズをとっています。 。 2番目のラクエルの娘たちは、テキサス州ブラウンズビルにある学校の外で肖像画のポーズをとります。国境当局はラクエルの市民権に疑問を投げかけているため、母親と一緒に暮らしながら学校に在籍したい場合、娘たちは毎日国境を越えなければなりません。
JaimeDiezはテキサス州ブラウンズビルの連邦裁判所の前に立っています
弁護士JaimeDiezはブラウンズビルの連邦政府の前に立っていますテキサス州ブラウンズビルのダウンタウンにある郡庁舎。 「私はパスポートのケースを10年近くやっています」と彼は言います。 「移民に対してより厳しい政権ができた今、人々は私にもっと悪いのかと尋ねます、そして私はそう、それはもっと悪いと思います。さて、トランプ政権では、[政府機関内の自然主義]はさらに強力だと思います。なぜなら、これらのアイデアを公然と言うことができると信じているからです。」
最初の写真では、アルバロ(本名ではない)が、テキサス州ブラウンズビルの近くにあるロスフレスノスの自宅でカウボーイハットと米国旗を持ってポーズを取っています。一方、2番目の写真は、アルバロがロスフレスノスの小学校の生徒だったときに撮影されたクラスの写真を示しています。トランプ政権下で、アルバロの母親は国境当局によって拘束され尋問されました。国境当局は、アルバロがメキシコで生まれたと誤って主張するように彼女を強要しました。そして、彼の妻のグリーンカードは拒否されました。これらのトラウマと憤慨にもかかわらず、アルバロはまだ彼の国を愛しています。「私たちはすべて1つの家族です。それが、この国を素晴らしいものにしているのです」と彼は言います。 「私は自分の国を信じています。”
ロスフレスノスにあるポートイザベル拘留センターの入り口の看板 テキサス
テキサス州ロスフレスノスにあるポートイザベル拘留センターの入り口。ここでは、一部の米国市民が拘束され、尋問され、偽造された出生記録を使用したとして非難されています。

この投稿は元々 https://www.opensocietyfoundations.org で公開されました。 。 オープンソサエティの声をもっと知りたい場合は、 メールの更新を購読してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です